FUN CREST

FUN CREST│HID・プリウス/プリウスα/アクア/パーツ販売・通販・カスタム・E-Mail:funcrest@y4.dion.ne.jp

TEL: 042-788-0380

Powered by Google

トレーラー


・トレーラーTOP ・予備検査&ナンバー取得 ・Q&A ・ご注文時の注意事項

予備検査&ナンバー取得

【軽トレーラー組立式キット】(予備検査なし)予備検査とナンバー取得方法について

予備検査取得は難しいと思われいる方は多いですが、弊社にて必要な書類の殆どを作成させていただいておりますので、面倒なだけで難しくはありません。面倒なのは2度軽自動車検査協会へ出向かなければならないこと(予備検査付きの完成車をご購入されても1度は軽自動車検査協会へ出向く必要はあります)です。書類については弊社にてほぼ作成済みですので、お名前とご住所以外のご記入は殆どありませんのでご安心下さい。

1.ナンバー取得までの主な手順について
(1) 管轄の軽自動車検査協会へ事前書類の提出
(2) トレーラーの組立
(3) トレーラーを軽自動車検査協会へ持ち込んでトレーラーを検査し、ナンバーを取得

2.必要書類について
(1) お客様が準備するもの
・使用者の住民票(所有者が違う人の場合は所有者も必要、発効日から3ヶ月以内)
・認印
・自賠責保険証明書(弊社にて加入も可能です)
(2) 弊社にて準備するもの
・自動車届出書綴り【連結検討書も含む】(事前書類として提出)
・自動車通関証明書(事前書類として一旦提出しますが返却され再度登録時に必要)
・譲渡証明書(登録時に必要)
・申請書4枚[1号、2号、5号、6号様式]
(登録時に必要な書類で記入できるところは弊社にて記入済、記入見本付き)

3.具体的なナンバー取得までの手順について
(1) 管轄の軽自動車検査協会へ事前書類を提出します。
提出書類は弊社からお送りする「自動車届出書綴り」と「自動車通関証明書」で、ご住
所やお名前などをご記入して印鑑を押印し、書類を持っていくだけの簡単な作業です。
事前書類の確認に7~10日程度必要で、確認後に軽自動車検査協会から連絡が
あります。
(2) 事前書類の確認を待っている間にトレーラーを組み立てます。

(3) 軽自動車検査協会から種類審査終了の連絡がありますので、検査日の予約をして
下さい。
(4) 現在自動車保険に加入されいる保険代理店などで自賠責保険に加入します。
(通関証明書が必要です)保険料は【5,020円】となります。
なお予めご希望していただければ弊社でも取り扱いしております。
(5) お住まいの市区町村役場か地方陸運支局にて仮ナンバーを取得します。
(自賠責保険証書と通関証明書が必要です。)
また住民票もこの時に取得するのが良いです。
(6) トレーラーを連結検討書で作成した自動車でけん引して軽自動車検査協会に持ち
込みます。必要書類は、使用者の住民票、認印、自賠責保険証明書、譲渡証明書、
登録申請用紙4枚[1号、2号、5号、6号様式]です。
(詳しくは【4】、【5】でご説明します)

4.軽自動車検査協会へ行く前の事前準備について
軽自動車検査協会へ行く前に必ず次の点は確認して下さい。
(1) 以下の内容はトレーラー検査内容ですので、事前にチェックして下さい。
・車体番号の確認
・車両の長さ、幅、高さ、重量の計測
・けん引車の確認(連結検討書を提出した自動車を連結)
・駐車ブレーキー性能の確認(けん引車で引いてタイヤがロックするか確認)
・灯火類の確認(けん引車と連動するかを確認)
・積載重量ステッカーの確認
(2) 必要書類【3】(6)は絶対に忘れないで下さい。
(3) お金【12,000円程度】
(4) 工具類(万が一検査が合格しなかった時の対処用)

5.軽自動車検査協会内の手順について
   (1) 窓口で準備した書類を一式を提出し、検査手数料【1,400円】を支払い検査の受付を
します。
(2) 軽自動車検査票に必要事項を記入し、トレーラーを検査場に持ち込みます。
軽自動車検査票は軽自動車検査協会に用意してありますので、弊社からお送りする
見本を参考に記入して下さい(地区によって用紙が違うため弊社で準備できません)
(3) 検査員の支持に従って検査を受けます。(検査内容は【4】(1)で説明)
・車体番号の確認
・車両の長さ、幅、高さ、重量の計測
・けん引車の確認(連結検討書を提出した自動車を連結)
・駐車ブレーキー性能の確認(けん引車で引いてタイヤがロックするか確認)
・灯火類の確認(けん引車と連動するかを確認)
・積載重量ステッカーの確認
(4) 検査合格後、窓口で重量税【8,800円】を納付します。
(5) 申請書(2号様式)に必要事項(トレーラーの長さや重量など)を記入し、他の申請
用紙(1号、5号、6号様式)と合わせて、申請します。なお、希望ナンバーを申請してい
る場合はその用紙も提出します。もし提出しないと普通のナンバーが交付されます。
また、その時に登録手数料【700円】とナンバープレート代【720~940円】(希望ナン
バーの場合は2,100円を支払済)を支払います。
(7) 暫く待つとナンバーが交付されますので、それをトレーラーに取り付けて終了です。

6.費用について
  ナンバー取得までには次の費用がかかります。

 
自賠責保険料 5,020円 25ヶ月で加入
自動車重量税 8,800円 2年間分
検査手数料 1,400円  
登録手数料 700円  
ナンバープレート代 720円~940円 地域によって異なります
(希望ナンバーの場合は2,100円)
仮ナンバー交付料 750円  
合計 17,390~17,610円  


7.車庫届出について
  軽トレーラーは車庫証明を取得する義務はありませんが、次の自治体にお住まいの方は
ナンバー取得後に車庫届出を提出する必要があります。
その自治体とは【東京23区、大阪市内、東京・大阪の中心から30Km圏内の市、県庁所在地
の市、人口30万人以上の自治体にお住まいの方】です。該当する方はご注意下さい。
届出方法は車庫証明とほぼ同じです。

【軽トレーラー完成車】(予備検査付)ナンバー取得方法について

予備検査付きの完成車は簡単にナンバー取得が可能です。トレーラーの持ち込みは必要ありませんので、管轄の軽自動車検査協会へ書類のみを持って手続きに行きます。軽自動車検査協会へ行くのも1度のみとなります。
軽トレーラーは完成した状態でお近くの佐川急便まで配送となります。基本的にはトレーラー配送前に書類をお送りいたしますので、予めナンバーを取得されてから、そのナンバーをお持ちになり佐川急便からお引取りとなります。

1.ナンバー取得までの主な手順について
(1) 必要書類を準備し管轄の軽自動車検査協会へナンバー取得手続きに行く
(2) ナンバーを持って佐川急便の営業所からトレーラーを引き取り

2.必要書類について
(1) お客様が準備するもの
・使用者の住民票(所有者が違う人の場合は所有者も必要、発効日から3ヶ月以内)
・認印
・自賠責保険証明書(弊社にて加入も可能です)
(2) 弊社にて準備するもの
・予備検査証(発効日から3ヶ月以内)
・自動車通関証明書
・譲渡証明書
・連結検討書
・申請書2枚[1号、5号様式]
(登録時に必要な書類で記入できるところは弊社にて記入済、記入見本付き)
※既に予備検査の際に弊社でお客様のけん引車型式の記載手続きを済ませて
いる場合もございます。その時は5号様式と連結検討書は不要ございません。

3.具体的なナンバー取得までの手順について
(1) お住まいの市区町村役場で住民票を取得します。
(2) 現在自動車保険に加入されいる保険代理店などで自賠責保険に加入します。
(通関証明書が必要です)保険料は【5,020円】となります。
なお軽自動車検査協会でも加入できますので事前に加入されなくても問題ありません。
(3) 上記【2】の必要書類をお持ちになり、管轄の軽自動車検査協会へ行きます。
(手続き方法は次で詳しくご説明します)

4.軽自動車検査協会内の手順について
   (1) 窓口で重量税【8,800円】を納付します。
(2) 窓口で準備した書類を一式を提出し、登録手数料【700円】とナンバープレート代
【720~940円】(希望ナンバーの場合は2,100円を支払済)を支払います。
(3) 暫く待つとナンバーが交付されます。

5.費用について
  ナンバー取得までには次の費用がかかります。

 
自賠責保険料 5,020円 25ヶ月で加入
自動車重量税 8,800円 2年間分
登録手数料 700円  
ナンバープレート代 720円~940円 地域によって異なります
(希望ナンバーの場合は2,100円)
合計 15,240~15,460円  


6.車庫届出について
  軽トレーラーは車庫証明を取得する義務はありませんが、次の自治体にお住まいの方は
ナンバー取得後に車庫届出を提出する必要があります。
その自治体とは【東京23区、大阪市内、東京・大阪の中心から30Km圏内の市、県庁所在地
の市、人口30万人以上の自治体にお住まいの方】です。該当する方はご注意下さい。
届出方法は車庫証明とほぼ同じです。

車庫証明の取得方法について

自動車を購入した時の車庫証明は、ディーラーさんがやっていただけることが多いですが、トレーラーの時はお客様ご自身にて取得していただくことになります。
車庫証明の取得も一度覚えてしまえば難しくありませんので、自動車を購入する時にお客様ご自身にて行うことも可能です。(通常1~2万円前後の手数料を払います)

1.取得手順について
取得手順は次の通りで、2回~3回管轄の警察署へ出向きます。
(1) 管轄の警察署へ用紙を取りに行く
(2) 申請用紙の提出((1)の時に同時に行うことも可能)
(3) 車庫証明書を受け取りに行く

2.申請時に必要な書類について
・次のいづれか1つで、トレーラー使用の本拠の位置(住所、氏名など)を確認できる書面
住民票の写し、印鑑証明の写し、登記簿の写し、消印のある郵便物、公共料金の
領収書など居住実態または営業実態(法人の場合)が確認できるもの
・認印(受取時に必要ですが、念のため提出時も用意して下さい)
・トレーラーの情報【車名、車体番号、型式、全長、全幅、高さ】
地方陸運支局へ提出する資料に記載されている情報です。

3.申請書類について
  申請書類は次の4枚の内、3枚を提出します。
トレーラーの使用者と、保管場所の所有者が同じ場合【1】、【2】、【3】
トレーラーの使用者と、保管場所の所有者が違う場合【1】、【2】、【4】

 
【1】自動車保管場所証明申請書/保管場所標章交付申請書
  地方陸運支局へ提出する自動車届出書に記載されている
トレーラーの車名、型式、車体番号、長さ、幅、高さと、
申請者の住所、氏名、電話番号を記入します。
【2】保管場所の所在図、配置図
保管場所までの案内図(道路や目印となる建物などを
記入)と、保管場所内での駐車位置を記入します。
【3】保管場所使用権原疎明書面(自認書)
トレーラーの使用者と保管場所の所有者が同じ場合に、
本人が記入する書類です。
使用者の住所、氏名、電話番号と記入と認印が必要です。
【4】保管場所使用承諾証明書
トレーラーの使用者と保管場所の所有者が違う場合に、
保管場所の所有者に記入していただく書類です。
保管場所の住所、使用者の住所・氏名、保管場所の使用
期間、保管場所所有者の住所・氏名・電話番号の記入と
認印が必要です。


4.申請費用について
  地域によって異なりますが、申請時に2,000円~2,200円、受取時に500円程度というところが
多いようです。

5.申請から車庫証明書発行までの日数について
申請から車庫証明書が発行されるまでおおよそ4~7日程度かかります。
余裕を持って申請して下さい。

6.車庫証明書の有効期間について
車庫証明書は発行から1ヶ月という有効期間があります。その期間内にナンバー取得手続き
を終わらせる必要がございますので、ご注意下さい。

7.車庫届出(軽トレーラーの場合)について
軽トレーラーは車庫証明を取得する義務はありませんが、次の自治体にお住まいの方は
ナンバー取得後に車庫届出を提出する必要があります。
その自治体とは【東京23区、大阪市内、東京・大阪の中心から30Km圏内の市、県庁所在地
の市、人口30万人以上の自治体にお住まいの方】です。該当する方はご注意下さい。
届出方法は上記の車庫証明とほぼ同じです。

仮ナンバーの取得方法について

小型トレーラーや普通トレーラーの予備検査とナンバー取得の際には、仮ナンバーを取得してトレーラーをけん引して管轄の地方陸運支局へ持ち込む必要があります。

1.仮ナンバーの取得手続きについて
仮ナンバーはの取得は、申請者がお住まいの市区町村役場か地方陸運支局にて申請し、
交付を受けます。

2.手続きに必要な書類について
・自賠責保険証明書(コピーや領収書は不可で、有効期間が申請日にかかるもの)
・トレーラーを確認する次のいづれか1つの書類
メーカー発行の譲渡証明書(弊社から発行するのはこれです)
自動車検査書、抹消登録証明書、自動車検査証返納証明書
・認印
・免許証
・手数料(一般的には750円程度)
・自動車臨時運行許可申請書(この用紙は申請窓口にあります)

3.仮ナンバーの申請日と有効期限について
  仮ナンバーの申請は、申請日の当日か翌日(金曜日に申請した場合は、翌月曜日も可)
からの使用に限って申請可能です。何日も先の申請はできませんのでご注意下さい。
また仮ナンバーの有効期間は通常1日となりますが、申請方法によっては最大5日程度まで
可能です。但し申請場所によって最大1~3日程度の有効期間とされる場合もあるようです。
基本的には必要な日の当日か前日に申請するのが良いです。

4.仮ナンバーの返却について
仮なんばーを紛失したり、返却を怠るとナンバー代を請求されることがあります。
トレーラーの登録が完了したあとは、速やかに返却して下さい。

希望ナンバーの取得方法について

自動車と同様にトレーラーでも希望ナンバーは取得できます。以前は取得できなかった軽トレーラーも取得できるようになり、全てのトレーラーは取得可能です。手続きはインターネットのみの受付となります。

1.希望ナンバーの申請について
希望ナンバーの手続きは(社)全国自動車標板協議会のホームページから申請します。

2.申請方法について
申請方法は(社)全国自動車標板協議会ホームページから【申込】→【新規申込】→【申込フォームへ】に入ります。

 
【1】連絡先等の入力
  申請者の氏名、電話番号、メールアドレス、パスワードを入力し
「次へ」をクリックします。
次に確認画面が表示されますので内容を確認し「次へ」をクリックします。
確認メールを送信しましたと表示されますのでメールを確認して下さい。
【2】都道府県・市郡区の入力
確認メールのURLをクリックし、都道府県・市郡区をそれぞれ選択します。
入力後ナンバーの地名が表示されます。
【3】自動車情報等の入力(トレーラー区分の選択)
登録車(小型トレーラー、普通トレーラー)か軽自動車(軽トレーラー)か
を選択します。
【4】自動車情報等の入力(トレーラー情報の入力)
車種区分は「8ナンバー:特殊自動車」、用途は個人所有の場合
「自家用」、標板の種類は「ペイント」か「自光式(光るナンバー)」を選択、
標板の大きさと枚数は「中型一枚」を選択、自動車検査証に記載されて
いる登録番号は「未記入」です。
【5】希望番号入力
希望するナンバーを入力して下さい。
黄色で表示されている番号は抽選対象となります。
また抽選対象番号は地域によって異なります。  
【6】自動車情報等の入力(型式と使用者の入力)
型式と使用者の氏名を入力します。
型式は何か入力しなければ先に進めません。トレーラーの場合、
型式はありませんので「FUMEI」と入力して下さい。
【7】申込内容の最終確認
申込内容に間違いかないかと承諾事項を確認し、問題がなければ
「同意する」にチェックして「申込完了」をクリックしてインターネットの
手続きは完了です。


3.代金の支払い
  インターネットでも申込完了後に、代金振込依頼のメールが届きます。
そのメールの内容に従って代金の振込みをお願いします。
代金は2,100円で、振込時の名義欄に申込番号を記載する必要がりますので、
インターネットバンキングでは対応できない銀行もございますのご注意下さい。

4.希望ナンバーの交付
代金の振込確認後に希望ナンバーの交付時期を記載したメールが届きます。
その交付期間内に指定場所にて希望ナンバーの交付を受けて下さい。